JFE商事テールワン株式会社

テールアルメ工法の総合サイト TERRE ARMEE.COM

標準部材

テールアルメ工法に使用される部材のご紹介をします。

1.コンクリートスキン(フルサイズ)

コンクリートスキン

十字形状をしています。天端用(Bタイプ)と一般部用(Aタイプ)があります。
公称幅×公称高さ(1.5m×1.5m)で、公称壁面積は2.25m2です。
部材厚さは14cm均一。重量は約750kg。縦横に鉄筋を配置したRC構造です。
コンクリートの設計基準強度は、一般に30N/mm2
模様は(石割、積石、縦縞、割りれんが、はつり、プレーンの6種類)。
特許製品のマルチコーナースキンや、鉛直目地用コーナースキンがあります。

2.コンクリートスキン(ハーフサイズ)

コンクリートスキン

フルサイズを1/2にした凸型形状をしています。
天端(Dタイプ)と最下段(Cタイプ)があります。
公称幅×公称高さ(1.5m×0.75m)で、公称壁面積は1.125m2です。
部材厚さは14cm均一。重量は約375kg。縦横に鉄筋を配置したRC構造です。
コンクリートの設計基準強度は、一般に30N/mm2

3.高強度リブ付ストリップ

ストリップ

土圧に応じて補強材(ストリップ)の本数を増加させ、盛土の高さに応じて補強材(ストリップ)の長さを変化させますから、補強材(ストリップ)は基本的に1種類です。 断面形状:幅(60mm)×厚さ(4mm)×長さ(L)
材質:溶接構造用圧延鋼材(SM490A)
溶融亜鉛メッキ標準
許容引張応力度:185N/mm2

4.ボルト・ナット(ストリップ連結部材)

ボルト・ナット

ボルト径:M12
強度区分:ボルト(8.8)
ナット(4)
溶融亜鉛メッキ標準

5.水平目地材(緩衝材)

水平目地材

コンクリートスキン水平目地部における緩衝材
幅×厚さ×長さ:75mm×20mm×600mm

6.透水防砂材(盛土材流出防止用ジオテキスタイル)

透水防砂材

公称幅×公称厚さ:420mm×4mm
高分子系の長繊維不織布