JFE商事テールワン株式会社

テールアルメ工法の総合サイト TERRE ARMEE.COM

テールアルメ工法のイメージ

テールアルメとは、世界でNO.1の実績を誇る補強土壁工法です。
盛土内に帯状の鋼製補強材(ストリップ)を層状に敷設し、土とストリップの摩擦効果によって、強固な補強盛土を構築できます。Terre(テール)はフランス語で「土」、Armee(アルメ)は「補強」を意味し、英語ではReinforced Earthと呼ばれています。

テールアルメ工法の概要

原理

壁面を持った補強盛土を構築するテールアルメ工法の原理を、在来工法と比較してご紹介いたします。

在来工法

図:在来工法

土圧力が加わると、擁壁が押され、その力は基礎地盤に伝わります。
したがって頑丈な構造が必要です。

テールアルメ工法

図:テールアルメ工法

土圧力が加わっても、土とストリップ(鋼製補強材)の摩擦抵抗によって、土の移動を拘束し、安定した垂直盛土を構築できます。

構成

合理的で経済的な部材に改良されたテールアルメ工法に使用される、部材の構成をご紹介します。

図:テールアルメ工法部材構成

事例

景観

壁面に施された様々な模様やレリーフがテールアルメを環境に溶け込ませ、穏やかな風景を創造します。
壁面デザインは多種多様。用途に合わせて自由に計画することができます。

高速道路

産業の活性化に欠かせない全国に張り巡らされた高規格道路網。
信頼に裏付けられたテールアルメは高速道路の基盤にも用いられています。

高壁高

高さ40mにも及ぶ大規模な盛土も、テールアルメはシンプルな原理と簡単な施工で実現可能です。

水辺

池や河川、そして海岸まで、水際での構築も可能です。水流の強弱、水位変動にも安定した構造物です。