JFE商事テールワン株式会社

SPフィックスパイル

【概要】

ロックボルト工法と同じく二重管削孔後に鉄筋を挿入し、セメントグラウトを注入する手法でパイルを構築します。それを網状に配置し、切土補強では「引張補強」の対策工を、または縦方向に打設して「地中疑似擁壁」を構築して「圧縮補強」の地盤対策工を行うルートパイル工法(網状鉄筋挿入工法)です。
「圧縮補強」では、構造物との連結部に口元補強管を設置する事で水平変位を抑制すると共に変位量の照査が可能です。また、構造物の基礎反力や必要滑り抑止力が大きい場合には、超高強度で現場では水を混ぜるのみで配合できるプレパック型グラウト「FIXパイルモル(S型)」を採用すれば打設本数を縮減でき、経済性の向上、工期短縮を実現できます。
※「SPフィックスパイル」、「FIXパイルモル(S型)」は、エスティーエンジニアリング(株)様の商品名称です。

【特徴】

・大型機械の搬入が難しい急峻な土地や狭隘部での施工が可能
・軟弱地盤、崖錐層、転石等でセメント改良が困難な地盤対策工として有効

【用途】

・永久アンカーの定着層が存在しない、深い軟弱地山の長尺補強対策:「引張補強」
・地山のすべり対策と基礎反力の支持力対策を兼ねた、地山補強対策:「圧縮補強」

【テールアルメ工法との併用事例「圧縮補強」】

お問い合わせ

さまざまな質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
top