JFE商事テールワン株式会社

その他取扱製品

JFE商事テールワン株式会社は長年のテールアルメ工法の販売のノウハウを生かし、
テールアルメ工法以外の商品の提案や販売も行っております。下記に取扱製品の一部をご紹介いたします。

発泡スチロール土木工法(EPS工法)

発泡スチロール土木工法(EPS工法)とは、大型の発泡スチロール(EPS)ブロックを盛土材料として積み重ねていくもので、材料の軽量性、耐圧縮性、耐水性および積み重ねた場合の自立性等の特性を有効利用する工法です。
極めて軽量で単位体積重量は一般的な土砂19kN/m3に対して、0.1~0.3kN/m3程度と、およそ100分の1となっています。 詳しい内容はこちら

発泡スチロール土木工法(EPS工法)
詳しい内容はこちら
発泡ガラス軽量盛土材(スーパーソル)

スーパーソルは、廃ガラスを粉砕、焼成発泡して作られた軽量資材です。
粒径は2~75mmの不定形な礫状、重量は一般的な土の1/5~1/6の軽さで、排水性も良好な盛土材料です。 詳しい内容はこちら

発泡ガラス軽量盛土材(スーパーソル)
詳しい内容はこちら
発泡ウレタン軽量盛土工法 (ウレタンLH工法)

ウレタンLH工法は、ノンフロン現場発泡硬質ウレタンフォームを盛土材料として現場にて発泡させる軽量盛土工法です。 詳しい内容はこちら

発泡ウレタン軽量盛土工法 (ウレタンLH工法)
詳しい内容はこちら
トンネル裏込補修用ウレタン注入工法(Tn-p工法)

トンネル覆工と地山の空洞を発泡ウレタンにより充填する工法です 詳しい内容はこちら

トンネル裏込補修用ウレタン注入工法(Tn-p工法)
詳しい内容はこちら
ロールマット工法

工場で先組したスラブ筋をロール状にして現場へ運搬し、転がすだけで配筋できる画期的な新工法です。現場作業の省力化により、施工性の向上・作業人員の削減・大幅な工期短縮が図れます。
また本工法は、海外でも広く普及されている工法です。 詳しい内容はこちら

ロールマット工法
詳しい内容はこちら
SPフィックスパイル

ロックボルト工法と同じく二重管削孔後に鉄筋を挿入し、セメントグラウトを注入する手法でパイルを構築します。それを網状に配置し、切土補強では「引張補強」の対策工を、または縦方向に打設して「地中疑似擁壁」を構築して「圧縮補強」の地盤対策工を行うルートパイル工法(網状鉄筋挿入工法)です。
「圧縮補強」では、構造物との連結部に口元補強管を設置する事で水平変位を抑制すると共に変位量の照査が可能です。また、構造物の基礎反力や必要滑り抑止力が大きい場合には、超高強度で現場では水を混ぜるのみで配合できるプレパック型グラウト「SPフィックスパイル」を採用すれば打設本数を縮減でき、経済性の向上、工期短縮を実現できます。 詳しい内容はこちら

SPフィックスパイル
詳しい内容はこちら
ブリッジプラスアルファ(鋼製地覆)

従来のコンクリート地覆に比べ大幅な軽量化(約70%減)により橋への負担を軽減し、片側最大1mの道路拡幅も図れる鋼製地覆です。工場製作により、施工性の向上、施工期間・規制期間の短縮が実現できます。 詳しい内容はこちら

ブリッジプラスアルファ(鋼製地覆)
詳しい内容はこちら
クロスウェーブ工法(プラスチック製雨水貯留槽)

雨水貯留槽(雨水貯留浸透施設)「クロスウェーブ」シリーズは、プラスチック製ブロック材(再生ポリプロピレン樹脂製)を地下に埋設し、雨水貯留槽や浸透槽を構築するものです。
直角交差で積み上げたブロック材は高い空隙率を生み出し、必要十分な貯水量を確保。
構造体としても非常に安定しています。 詳しい内容はこちら

クロスウェーブ工法(プラスチック製雨水貯留槽)
詳しい内容はこちら
ベントフィックス(遮水マット)

ベントフィックスは、天然の粘土「ベントナイト(Na型)」を不織布と織布はさみニードルパンチ製法で一体化した三層構造(ベントフィックス)及び、ポリエチレン樹脂コーティング層を付加した四層構造(ベントフィックスX2)の遮水マットです。
1994年にはISO9001の認証を取得し、国際的にも信頼性の高い天然素地の遮水材です。 詳しい内容はこちら

ベントフィックス(遮水マット)
詳しい内容はこちら
お問い合わせ

さまざまな質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
top