JFE商事テールワン株式会社

テールアルメ工法

テールアルメ工法とは?

テールアルメとは、世界でNO.1の実績を誇る補強土壁工法です。
盛土内に帯状の鋼製補強材(ストリップ)を層状に敷設し、土とストリップの摩擦効果によって、強固な補強盛土を構築できます。Terre(テール)はフランス語で「土」、Armee(アルメ)は「補強」を意味し、英語ではReinforced Earthと呼ばれています。

詳しい技術情報はこちらからどうぞ
テールアルメの特徴・4つの柱
1

粘り強い構造により 災害(地震、水害)に強い

2

様々な用途に 対応できる多様性

3

シンプルな部材で 簡易な施工

4

補修性が高く、維持管理がしやすい

コンクリートスキンに取り付けられた補強材=帯状の鋼材(リブストップ)によって土を補強して構築される擁壁です。
部材数が少なくシンプルな構造であるため、施工が簡易にできます。
補強材が自由に配置できるため、函渠や斜めのボックス等の取り合いへの対応が可能です。

【テールアルメ工法構成部材】
テールアルメ工法14cm厚十字形

抜群の実績を誇り、高い施工性を発揮する十字形壁面材、適切な補強材配置により高い強靭性を発揮します。

【標準部材】(コンクリートスキンタイプ)
  • 1コンクリートスキン(フルサイズ)
  • 2コンクリートスキン(ハーフサイズ)
  • 3ストリップ
  • 4ボルト/ナット
  • 5水平目地材
  • 6透水防砂材
標準部材
<マルチコーナースキン>
マルチコーナースキン 公称寸法:850×1500(750)×140
内曲がり 内曲り
外曲がり 外曲り

JFE商事テールワンでは、テールアルメ工法の原理・発想に基づいた新工法を開発しています。これらの新工法は、国土交通省による新技術活用のための情報提供システム(NETIS)に登録し、有用な新技術として活用されています。

施工の手順
施工の手順施工の手順
【品質管理】

テールアルメ工法に用いられるすべての部材は、素材から製品に至るまで、厳しい品質管理のもと製作された工場製品です。それぞれの部材の製造工場で、各種検査・試験を行っています。

コンクリート圧縮強度試験状況 コンクリート圧縮強度試験状況
製品寸法検査状況 製品寸法検査状況
配筋検査状況 配筋検査状況

WORKS

施工実績ピックアップ

様々な工法を駆使し、私たちの生活を支える施設を再生する“新たなもの創り”に貢献します。

5m以上 10m未満
【フィリピン】PROPOSED EDSA LRT LINE3

テールアルメ工法が最も得意とする分野が高壁高です。理論上は、数百メートルまで構築可能なため、今日も世界のどこかで最高壁高が更新されています。

詳細はこちら
5m以上 10m未満
【モンゴル】ウランバートル高架橋建設工事

テールアルメ工法が最も得意とする分野が高壁高です。理論上は、数百メートルまで構築可能なため、今日も世界のどこかで最高壁高が更新されています。

詳細はこちら
5m未満
【ミャンマー】KOKKINE BRIDGE

テールアルメ工法が最も得意とする分野が高壁高です。理論上は、数百メートルまで構築可能なため、今日も世界のどこかで最高壁高が更新されています。

詳細はこちら
5m以上 10m未満
【ミャンマー】New Thaketa Bridge

テールアルメ工法が最も得意とする分野が高壁高です。理論上は、数百メートルまで構築可能なため、今日も世界のどこかで最高壁高が更新されています。

詳細はこちら
5m以上 10m未満
【沖縄県】県道18号

テールアルメ工法が最も得意とする分野が高壁高です。理論上は、数百メートルまで構築可能なため、今日も世界のどこかで最高壁高が更新されています。

詳細はこちら
10m以上 15m未満
【沖縄県】寒川銭街路工事

テールアルメ工法が最も得意とする分野が高壁高です。理論上は、数百メートルまで構築可能なため、今日も世界のどこかで最高壁高が更新されています。

詳細はこちら
10m以上 15m未満
【沖縄県】県道115号線

テールアルメ工法が最も得意とする分野が高壁高です。理論上は、数百メートルまで構築可能なため、今日も世界のどこかで最高壁高が更新されています。

詳細はこちら
15m以上
【沖縄県】知念村屋外運動場

テールアルメ工法が最も得意とする分野が高壁高です。理論上は、数百メートルまで構築可能なため、今日も世界のどこかで最高壁高が更新されています。

詳細はこちら
10m以上 15m未満
【沖縄県】宜野湾北中城線

テールアルメ工法が最も得意とする分野が高壁高です。理論上は、数百メートルまで構築可能なため、今日も世界のどこかで最高壁高が更新されています。

詳細はこちら
5m以上 10m未満
【鹿児島県】国分運動公園多目的広場造成

テールアルメ工法が最も得意とする分野が高壁高です。理論上は、数百メートルまで構築可能なため、今日も世界のどこかで最高壁高が更新されています。

詳細はこちら
施工実績一覧
お問い合わせ

さまざまな質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
top